マーケティングの基礎知識

目次

ウェブマーケティングの基礎知識

「誰に、何を、どのように」を明確に

「誰に、何を、どのように」とは、プロジェクトやタスクを達成するために必要な情報を明確にするためのフレームワークです。

「誰に(ターゲット)」は、プロジェクトやタスクに関係するステークホルダーを識別することを意味します。ステークホルダーには、プロジェクトの利害関係者やタスクの関係者、およびそれらを直接的に支援する人々が含まれます。

「何を(商品やサービス)」は、プロジェクトやタスクにおいて達成すべき目標や成果物を指します。これには、必要な成果物やサービス、期限、および品質基準が含まれます。

「どのように(手段・方法)」は、プロジェクトやタスクを実行するための方法や手順を指します。これには、必要なリソースやスキル、プロセス、およびプロジェクトの管理方法が含まれます。

「誰に、何を、どのように」を明確にすることにより、プロジェクトやタスクに関係するすべての人々が目的を共有し、方向性を理解することができます。これにより、プロジェクトやタスクの進捗状況を正確に追跡し、必要に応じてプロジェクトの方向性を調整することができます。また、ステークホルダー間のコミュニケーションが促進され、プロジェクトの成功に向けた協力がより容易になります。

ターゲットを明確化することが重要(ペルソナを作る)

「ターゲット」の簡単なペルソナをつくります。

・名前:鈴木花子
・年齢:25歳
・性別:女性
・職業:会社員
・収入:月給30万円
・趣味:カフェ巡り、旅行、アート鑑賞
・ファッションに求めるもの:トレンド感、カジュアルさ、着心地の良さ、デザイン性の高さ
・購買行動:新商品を追いかける傾向があり、オンラインで購入することが多い

このペルソナを基に、アパレルブランドは彼女が求めるトレンド感やデザイン性の高さを取り入れた商品を展開し、オンライン販売やSNSで情報発信することで、鈴木花子をはじめとする同様のターゲット層の顧客を獲得することができます。また、カフェやアートイベントなどのスポットでの宣伝活動を行うことで、趣味嗜好の類似する顧客にアプローチすることもできます。

ターゲットが求めているものとは?

ターゲットが求めているものは、業界や製品によって異なりますが、一般的に以下のような要素が含まれます。

  • 品質: 高品質で信頼性が高く、耐久性のある製品が求められます。
  • 機能性: 製品が提供する機能が、ターゲットのニーズや目的に適していることが求められます。
  • デザイン: ターゲットは、製品のデザインやスタイルにもこだわりがあります。デザインは、製品の魅力を高めるだけでなく、個性やスタイルを表現するための重要な要素となります。
  • コストパフォーマンス: ターゲットは、コストパフォーマンスの高い製品を求めます。高品質であっても、価格が高すぎる場合、ターゲットは製品を選ばないことがあります。

エクスペリエンス: ターゲットは、製品を使うことで得られるエクスペリエンスにもこだわりを持ちます。製品が提供する体験や感情が、ターゲットにとって意義のあるものであることが求められます。


以上の要素を満たす製品やサービスを提供することで、ターゲットのニーズや期待に応え、ブランドイメージの向上や、競合他社との差別化を図ることができます。

ターゲットへの適切なアプローチ方法を考える

カスタマージャーニーマップは、ターゲットの購買体験や行動を可視化し、その中での課題やニーズを把握するためのツールです。その結果をもとに、適切なアプローチ方法を考えることができます。

以下は、ターゲットへの適切なアプローチ方法を考えるための一例です。

ターゲットの課題を理解する
カスタマージャーニーマップに基づき、ターゲットが抱える課題やニーズを理解します。その上で、その課題やニーズに対するソリューションを提供することが重要です。

コミュニケーションの適切なタイミングを把握する
カスタマージャーニーマップには、ターゲットがどのようなタイミングで情報を求めたり、購入行動を起こしたりするかが記載されています。そのため、適切なタイミングで情報提供をすることで、ターゲットの関心を引きつけることができます。

ターゲットにとっての最適なコミュニケーションチャネルを選定する
ターゲットが利用するコミュニケーションチャネルは、業界や製品によって異なります。SNSやメール、電話、店舗など、ターゲットが利用しやすいコミュニケーションチャネルを選定し、ターゲットに最適な情報を提供します。

ターゲットの特性に合わせたアプローチ方法を考える
ターゲットの特性に合わせたアプローチ方法を考えることが重要です。たとえば、若年層向けの製品の場合は、新しいテクノロジーやトレンドに敏感な特性を持つことが多く、SNSやインフルエンサーによる情報発信が有効なアプローチ方法となります。

以上のように、カスタマージャーニーマップを活用して、ターゲットへの適切なアプローチ方法を考えることができます。

参考:ラインキャンパス

WEBマーケティングの種類

検索エンジン最適化(SEO)

Webマーケティングにおいて、最も重要な要素のひとつが検索エンジン最適化(SEO)です。SEOは、関連するキーワードで検索エンジンの結果ページ(SERPs)で上位に表示されるようにウェブサイトを最適化することです。

これを実現するために、ウェブサイトには、関連性が高く、有益な高品質のコンテンツを用意する必要があります。また、技術的に最適化され、検索エンジンがページをクロールしてインデックスするのが容易なウェブサイトであることを確認する必要があります。

SEOは結果が出るまで時間がかかるので、忍耐強く取り組むことが重要です。しかし、正しく行えば、ターゲットとなるトラフィックをウェブサイトに誘導するための非常に効果的な方法となります。

SEOの基本については、こちらのガイドが参考になります。[SEO Basics: Complete Beginner’s Guide to Search Engine Optimization](https://moz.com/beginners-guide-to-seo)

Pay-Per

ペイパークリック(PPC)広告は、ウェブマーケティングのもう一つの方法です。これは、人々があなたのビジネスに関連するキーワードを検索したときに検索エンジンの結果ページの上部に表示される広告のために支払うことを含む。

PPCは、あなたのウェブサイトにターゲットトラフィックを迅速に駆動するための非常に効果的な方法であることができます。しかし、PPCは高額になることもあり、クリック単価(CPC)はターゲットとするキーワードの競争力によって変化します。

PPCの基本については、こちらのガイドが参考になります。[PPC 101: A Complete Guide to Pay-Per-Click Marketing Basics](https://www.wordstream.com/ppc-guide)

コンテンツ

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングでは、ターゲットオーディエンスを惹きつけ、惹きつけるような、高品質で有益なコンテンツを作成します。これには、ブログ記事、ビデオ、インフォグラフィックなどが含まれます。

コンテンツマーケティングの目的は、オーディエンスに直接売り込むことではなく、信頼を築き、業界におけるオピニオンリーダーとしてブランドを確立することです。ターゲットとなるオーディエンスに価値ある情報を提供することで、ブランドロイヤリティを高め、長期的にウェブサイトへのトラフィックを増加させることができます。

コンテンツマーケティングの基本については、こちらのガイドが参考になります – [コンテンツマーケティングとは何か? スタートアップのための完全ガイド](https://www.hubspot.com/what-is-content-marketing)

メールマーケティング

メールマーケティングは、あなたのビジネスからの通信を受け取ることを選択した購読者のリストにプロモーションメールを送信することです。メールマーケティングは、自社の製品やサービスを宣伝し、ターゲットとなるユーザーと関係を築くための効果的な方法です。

メールマーケティングを成功させるためには、購読者に価値を提供することが重要で、宣伝用のメールを送りすぎるのは避けましょう。また、メールのデザインも工夫し、モバイル端末に最適化する必要があります。

メールマーケティングの基本については、こちらのガイドが参考になります – [メールマーケティングの究極ガイド](https://www.hubspot.com/email-marketing-guide)

ソーシャルメディアマーケティング

ソーシャルメディアマーケティングは、Facebook、Twitter、LinkedIn、Instagramなどのソーシャルメディアプラットフォームでビジネスを促進することです。ソーシャルメディアマーケティングは、多くの人々にリーチし、ブランドの認知度を高めるための効果的な方法です。

ソーシャルメディアマーケティングを成功させるためには、ターゲットとするオーディエンスに最も関連性の高いプラットフォームを選び、彼らの共感を得られる魅力的なコンテンツを作成することに集中することが重要です。

ソーシャルメディアマーケティングの基本については、こちらのガイドが参考になります – [Social Media Marketing for Beginners: The Ultimate Guide](https://blog.hootsuite.com/social-media-marketing-for-business/)

ヒアリングのフレームワーク

話を聞くフレームワーク SPIN

SPINは相手が存在的に抱えている課題を顕在化させるフレームワークです。
販売やマーケティングにおける顧客との対話に焦点を当てたものです。
SPINは、以下の4つの主要な要素で構成されています。

Situation(状況質問) 顧客の状況や問題点についての情報を収集するための質問。
相手の現状を理解する。 Problem(問題質問) 顧客が抱える問題の深層心理や影響について深く掘り下げるための質問。
相手の問題点に明確にし気づかせる。 Implication(影響・示唆質問) 問題が解決されなかった場合の影響や損失について、顧客と共有するための質問。
問題の重要性を認識させる Need-payoff(必要性と利益・解決質問) 問題解決によって得られるメリットや、商品・サービスが顧客にとってどのように役立つかについての質問。
理想、価値をイメージさせる

SPINの具体例

Situation(状況)
「現在お使いの製品について、どのような機能的な要件がありますか?」
「現在、どのような問題や課題がありますか?」

Problem(問題)
「その問題があると、どのような影響がありますか?」
「問題が解決された場合、どのようなメリットがありますか?」

Implication(影響)
「その問題が解決されなかった場合、どのような損失や影響がありますか?」
「その問題によって、現在お使いの製品にどのような問題が発生していますか?」


Need-payoff(必要性と利益)
「当社の製品は、その問題を解決するのにどのように役立ちますか?」
「当社の製品によって、どのようなメリットが得られますか?」

見込み測るフレームワーク BANT

販売やマーケティングにおいて、潜在的な顧客に対して質問するためのフレームワークです。
BANTは予算(Budget)、決裁権(Authority)、必要性(Need)、期限(Timeline)の4つを確認する事で、見込みの有無を判断するフレームワークです。
この4つのうち、かけているものがあればプロジェクトの成功は難しく、また何がボトルネックになっているかを可視化する事が出来ます。

BANTの具体例

Budget(予算を確保出来るか)
顧客が予算をどの程度用意しているかを確認するための質問

Authority(決裁権をもっているか)
顧客が意思決定をするための権限を持っているかどうかを確認するための質問

Need(必要性を感じているか)
顧客が製品やサービスを必要としているかどうかを確認するための質問

Timeline(いつまでに対応し、導入する必要があるか)
顧客が製品やサービスをどの程度の期間内に必要としているかを確認するための質問

このフレームワークを使用することで、販売やマーケティングのプロフェッショナルは、潜在的な顧客のニーズや要求を深く理解し、適切な提案を行うことができます。BANTフレームワークは、質問を通じて顧客とのコミュニケーションを促進し、顧客の信頼を得ることにも役立ちます。
ただし、BANTフレームワークは、あくまでも顧客との初期の接触で使用されることが多く、顧客のニーズや要求を深く理解するためには、より詳細な質問や対話が必要となります。

マーケティングで覚えておきたい用語

ターゲットオーディエンス

ターゲットオーディエンスとは、報活動を通じて情報やメッセージを伝えたい相手のこと。
特定の製品、サービス、キャンペーン、またはコンテンツを対象としている特定の人々のグループやセグメントのことを指します。

  1. 人口統計情報: 年齢、性別、地域、家族構成などの人口統計情報は、ターゲットオーディエンスを特定する上で重要な要素です。
  2. 興味関心やニーズ: ターゲットオーディエンスの興味関心やニーズを理解することは、製品やサービスの開発やマーケティング戦略において重要です。これにより、ターゲットオーディエンスに価値を提供するための効果的なアプローチが可能になります。
  3. 行動パターン: ターゲットオーディエンスの行動パターンや消費習慣を把握することは、マーケティングや広告活動のターゲティングやカスタマーエクスペリエンスの最適化に役立ちます。
  4. チャネルの選択: ターゲットオーディエンスが活動する主要なチャネルやメディアを理解することは、情報の発信やコミュニケーション戦略の選択に重要です。ターゲットオーディエンスが頻繁に利用するオンラインプラットフォームやソーシャルメディアなどを把握することが求められます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次